fbpx

amazonで商品を仕入れてメルカリ転売する方法を徹底解説!

※この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

メルカリ転売の仕入れ先は多く存在しますが、amazonを仕入れ先に使う人もいます。

amazonECサイトなので、メルカリ仕入れ→amazon転売をする人ならわかりますが、その逆は聞いたことがない人が多いと思います!

 

「amazon仕入れは本当に利益になるの?」

「amazon仕入れ→メルカリ転売で稼ぐ方法を知りたい!」

 

メルカリでは、多くの商品が販売対象ですが、仕入れ値を抑えるならamazonを使うのもありですよ♪

今回は、amazonで商品を仕入れて転売したい人のために、仕入れが本当にできるかどうか、利益が出すためのコツを解説します!

 

吹き出し:amazonで販売されているものは、基本的に利益が上乗せされてていますが、ノーブランド品は格安仕入れが可能です!仕入れに使って、メルカリ転売していきましょう!

 

よくわかる解説

  • amazon仕入れ→メルカリ転売は利益になる
  • 薄利多売方式で販売していく
  • 仕入れ価格が安く負担になりづらい

amazonは仕入れに使える?売れる商品はある?

amazonは、販売先に使っている人が多く、仕入れ先で使うことに違和感を覚える人も少なくありません。

しかし、amazonはれっきとした仕入れ先で、”amazon仕入れ→メルカリ転売”で利益が出せます。

例えば、amazonで販売されていた以下のネックレス。

 

 

海外の有名アーティストのネックレスをモチーフにして作成されたものです。

価格は345円で、送料がかからないので、仕入れ値は345円で済みます。

「紙飛行機 ネックレス」で検索すると、メルカリでヒットしました。

 

 

販売価格が高い順で調べると、1個あたり890円で売れているものが見つかりました。

利益計算をすると、以下のとおりです。

 

【商品Aの利益シミュレーション】

  • 販売価格:890円
  • 販売手数料:89円
  • 送料:62円
  • 仕入れ値:345円
    純利益:394円(利益率44%)

 

1個あたりの利益額は低いですが、人気商品なら縦積みが可能です。

ちなみに、Keepaのグラフを見ると、以前は1個あたり40円で販売されていた履歴がありました。

 

 

ノーブランド品は、タイミングによってはセールが開催されて安くなっているので、値段次第ではメルカリの底値300円でも利益が出せます!

よくリサーチして、売れるかどうかを見極めて仕入れ判断をするとよいでしょう。

amazon仕入れ→メルカリ転売の稼ぎ方を徹底解説!

amazonには、格安販売されている商品があるので、仕入れに使いたいところです。

しかし、「どうやって利益商品を見つければいいの?」と思っている人も多いので、amazon仕入れ→メルカリ転売の稼ぎ方を解説しますね!

具体的な手順は、以下のとおりです。

 

amazon仕入れ→メルカリ転売の稼ぎ方

  1. メルカリで売れる商品を検索する
  2. ①の情報をもとにAmazonでリサーチする
  3. 商品の配送時期+送料をチェックする
  4. 利益になるなら仕入れる

 

amazonで仕入れをする前に、まずは売れる商品を検索しなければなりません。

仕入れた商品がメルカリで売れなければ、不良在庫になるだけです……。

 

吹き出し:リサーチを徹底して、売れる商品を見極めていきましょう!

1.メルカリで売れる商品を検索する

まず、amazon仕入れをする前に、メルカリでそもそも売れるかどうかのリサーチをしなければなりません。

仕入れた商品が売れなければ、利益になりませんからね!

メルカリでのリサーチは、基本的にパソコンを使っておこないます。

 

具体的なリサーチ手順は、以下のとおりです。

 

メルカリで売れる商品のリサーチ手順

  1. ジャンルを絞ってキーワード検索
  2. 販売ステータスを売り切れにする
  3. 並び替えで新着順にする
  4. 写真を引用している商品をピックアップする

 

amazon仕入れでよく取り扱うのは、シルバーネックレスやリングです。

いずれも、メルカリで人気がある商品なので、リサーチ対象にしましょう!
(今回はシルバーネックレスを対象に検索します!)

 

 

メルカリのキーワード検索で、「シルバー ネックレス」で検索すると、このように多くの商品が出てきました。

しかし、これでは販売中の商品と売り切れの商品の両方が出てくるので、販売ステータスを売り切れに切り替えましょう。

 

 

売り切れに切り替えると、メルカリで売り切れた商品が出てきます。

新着で売り切れた商品を見つけたいので、”新着順”に並び替えましょう。

 

 

すると、このように商品が一覧で表示されます。

ここで狙っていきたいのは、写真を引用してそうな商品です。

赤枠で囲んでいるものが該当しますが、新品コンディションなら、amazonで仕入れられる可能性が高いです。

 

ある程度リサーチしたら、スプレッドシートなどにまとめていきます。

2.①の情報をもとにAmazonでリサーチする

メルカリで売れる商品をリサーチしたら、まとめた情報をもとにamazonで販売しているかどうかリサーチします。

調べ方は簡単で、メルカリで販売されている商品タイトルを参考にキーワード検索をするだけです。

例えば、以下の商品。

 

 

メルカリで販売されていた、雪道用のすべり止めスパイクです。

スニーカーや靴に装着して、山道や雪道で滑りづらくするものですが、1,200円で売れていました。

キーワードには、「雪道用・氷上スパイク」などの記載があるので、このキーワードをもとに検索していきます。

 

 

実際に検索すると、amazonで販売されている商品が出てきました。

複数の販売先がありますが、最安値は450円で購入できます!

メルカリの平均相場は、800円~1,000円程度なので、仕入れれば利益になります!

 

ここで仕入れ判断をするのもよいですが、商品の配送時期や送料について調べる必要があります!

 

吹き出し:販売価格は安くても、送料でマイナスになるケースがあります!そのため、追加費用のチェックは必ずおこないましょう!

3.商品の配送時期+送料をチェックする

amazonで、メルカリ転売で売れそうな商品を見つけたら、商品の配送時期と送料についてチェックしましょう。

商品の配送時期が遅い場合は、キャッシュフローが悪くなるのでおすすめしません。

送料に関しては、できる限り無料のところを選びましょう。

 

 

商品一覧ページを見ると、このように情報が出てきます。

最も安い価格で販売されている420円の商品は、配送料無料の商品ですが、お届けが3月2日から2月18日の間と長いです。
(リサーチ時点での日付は2月14日)

二番目の商品は、450円で注文から4日後に届く商品でした。

 

この場合、商品が安いとしても、配送まで時間がかからないセラーから購入しましょう。

購入した商品が、1ヵ月後に届くと、それまでの間は出品ができない状況になりますからね……。

 

吹き出し:amazon仕入れ→メルカリ転売は、とにかく多くの商品をさばく必要があります!そのため、できる限りお届けまでに時間がかからない商品を選びましょう!

4.利益になるなら仕入れる

送料と配送時期を確認したら、最後に利益になるかどうかを確認しましょう。

メルカリでは、それぞれ手数料があるので、そちらを計算してシミュレーションしていきましょう。

 

 

先ほどの商品を例に挙げると、1個あたり1,200円で売れていました。

amazonの仕入れ値が450円だったので、それをもとに利益シミュレーションをすると以下のとおりです。

 

メルカリの利益シミュレーション

  • 販売価格;1,200円
  • 販売手数料:120円
  • 仕入れ値:450円
  • 送料:120円
    →純利益:510円(利益率42%)

 

単体で、510円の利益が出る商品だとわかりました!

継続的に売れている商品なので、縦積みするのも方法の一つですよ♪
(縦積み:同じ商品を繰り返し仕入れること)

 

吹き出し:これがamazon仕入れ→メルカリ転売のやり方です!安定して稼げる方法なので、それぞれ実践するとよいでしょう!

メルカリで売れる商品をamazonで探すマル秘テクニック!

メルカリで転売する商品は、amazonで仕入れられますが、それぞれテクニックが存在します。

以下のテクニックを意識しながら、amazon仕入れで稼いでいきましょう。

 

メルカリで売れる商品をamazonで探すテクニック

  • カテゴリ検索+ノーブランド品で検索する
  • 季節商品を狙う
  • セラーリサーチを積極的におこなう

 

特に、利益商品を見つけやすいのが、カテゴリ検索+ノーブランドでキーワード検索することです!

私が利益商品を見つけるときは、基本的にこちらの方法で検索しています!

 

吹き出し:簡単に利益商品が見つかる方法なので、売れる商品を見つけたいなら実践しましょう!

カテゴリ検索+ノーブランド品で検索する

amazon仕入れをする際に、メルカリ転売で売れる商品を見つけたいなら、カテゴリ検索+ノーブランド検索がおすすめです。

amazonでは、商品を検索する際に、検索ボックスでカテゴリが選択できます。

カテゴリを選択したら、ボックスに「ノーブランド」と入力しましょう。

 

 

すると、指定したカテゴリのノーブランド品が出てきます。

メルカリで販売されている商品は、基本的にノーブランド品で、amazonで格安仕入れできるものです。

例えば、以下の商品。

 

 

スマホ用の折り畳み式スタンドで、392円で販売されています。

配送料は無料で、Keepaで見ると100円で販売されていた時期もあるようです。

 

 

取り扱いが多いジャンルですが、メルカリでも販売されていました。

メルカリの販売価格は、598円でした。

 

 

仕入れ値が100円の場合は、手数料を差し引いても300円程度の利益が出る商品です!

このように、amazon仕入れ→メルカリ転売をする場合は、カテゴリ検索とノーブランド品の検索を組み合わせれば、利益商品が見つかりやすくなります。

ただ、薄利多売方式になるので、少しでも価格差がある商品を仕入れるようにしましょう。

季節商品を狙う

amazonで商品を仕入れる場合ですが、メルカリで売れる商品を仕入れなければなりません。

しかし、どのような商品が売れるか把握していない人もいると思います。

私が特に仕入れることが多いのが、季節商品です!

 

 

このように、季節商品の売れ行きはかなりよく、売れ筋商品として取り扱っている人も少なくありません。

そのため、「メルカリ転売で商品を売りたい!」と思ったら、季節商品を狙いましょう。

 

おすすめ商品は、季節によって異なりますが、イベントに沿った商品を仕入れるとよいですよ!
(例:2月→バレンタイン関連、12月→クリスマス関連など)

また、キーワードを意識して商品を販売することを、キーワードマーケティングと呼びます。

検索されるキーワードを意図的に、タイトルや説明文に含めることで利益を出す方法なのでおすすめですよ♪

 

吹き出し:季節商品は利益になるものも多いですが、トレンド商品を仕入れることになるため、売り上げがまばらになるケースも少なくありません!仕入れる際は、トレンドも意識して仕入れましょう!

セラーリサーチを積極的におこなう

amazon仕入れ→メルカリ転売をする場合は、セラーリサーチを徹底しましょう。

セラーリサーチとは、商品をリサーチするのではなく、セラーをリサーチすることを指します。

この場合、amazon仕入れ→メルカリ転売をしている人を見つけて、売れる商品を見つける手法です。

 

例えば、以下のネックレスを販売していたセラー。

 

 

amazonから仕入れた商品で、数百円の利益が出ます。

amazon仕入れ→メルカリ転売をしている人は、薄利多売をしているケースが多く、ほかにも商品を販売している可能性があるのでチェックしましょう。

メルカリでは、セラー名をクリックすると、商品一覧に飛べます。

 

 

複数の商品が出てきますが、ここで注目したいのは売れている商品です。

過去に販売されている商品で、売れているものをすべてピックアップして、スプレッドシートなどにリスト化していきましょう。

リスト化が完了したら、その情報をもとにAmazonで検索していきます。

 

 

amazon仕入れをしている人は、タイトルをそのまま引用しているケースが多いため、関連性がありそうなワードをチョイスして検索しましょう!

実際に検索すると、以下の商品が出てきました。

 

 

メルカリで販売されている商品で、価格差のあるものを仕入れていきましょう!

普通にリサーチをするよりも簡単なので、おすすめですよ♪

amazonで仕入れた商品をメルカリで無在庫転売しないほうが良い理由は?

amazon仕入れをして、メルカリ転売をする際に無在庫で転売する人がいます。

在庫リスクを抱えないため、おすすめの手法として紹介されていますが、個人的にはあまり推奨しない方法です。

BUYMAやBASEなどでおこなうならまだしも、メルカリは以下の理由からおすすめできません。

 

メルカリで無在庫転売をしないほうがよい理由

  • メルカリで無在庫転売が禁止されているから
  • トラブルになる可能性が高いから

 

そもそもメルカリで禁止されていることなので、それをわざわざ実践するのはリスキーすぎます。

確実に仕入れられるルートがあるなら別ですが、amazonでは普通に在庫切れする可能性があるので、仕入れられずにトラブルになるケースも多いですよ……。

 

吹き出し:最悪の場合、メルカリのアカウントが停止してしまうので要注意です!

メルカリで無在庫転売が禁止されているから

メルカリは、無在庫転売が禁止されており、手元に在庫がない状態で出品できません。

無在庫転売対策としておこなっているのが、”画像引用の一部禁止”です。

 

 

メルカリで出品する場合、画像を付与しなければなりませんが、5枚画像を入れるとして1つでも現品の画像がないと、取り消しされてしまいます。

amazon仕入れの商品を見ると、トップで表示される画像は引用されていますが、設定している画像のどこかに、現物の写真が入っていました。

この場合は、手元に在庫があると判断されて、出品が可能です。

 

しかし、なかには現物の写真をメルカリやラクマなどから引用して、あたかも在庫があるように見せる人もいます。

この場合は、誰かが通報でもしない限り出品できるので、実質無在庫転売の対策にはなりません。

 

 

メルカリの利用規約では、このように無在庫転売を禁止する規約が書かれています。

amazonは、プライム便を使えば最短翌日に配送されてくるので、無在庫転売ができないわけではありません。

しかし、仕入れもとで在庫が切れてしまうと、仕入れがそもそもできないので、トラブルに発展します。

 

禁止されていることをあえてするわけですし、それなりのリスクを背負うことになります。
(アカウント停止など)

そのため、稼げるとしてもメルカリでの無在庫転売は控えましょう。

トラブルになる可能性が高いから

無在庫転売は、トラブルになる可能性が高く、メルカリ転売では特におすすめしません。

現状で、無在庫転売ができるのは、”BUYMA・eBay”くらいです。

メルカリでもできないことはありませんが、商品のお届けの最長日数が7日までしか選択できません。

 

 

Amazonで送られてくる商品なら、プライム便であれば翌日に届きます。

しかし、商品が中国から贈られてくる場合は、7日どころか2週間以上かかることも……。

購入者からすると、頼んだ商品が一向に届かないことになるので、トラブルに発展します。

 

最悪の場合、購入者からキャンセル+通報されてしまいます。

商品が手元にないことが発覚すると、無在庫転売と判断されて、アカウントの停止や削除に至るので、無在庫転売は控えましょう。

amazonで仕入れた商品をメルカリで売れやすくする3つのコツ!

amazonで商品を仕入れた場合、メルカリやヤフオクに転売するのが主流です。

しかし、単に出品するのではなく、売れやすくしないことには、購入されることはありません。

具体的なコツは、以下のとおりです。

 

amazon仕入れの商品をメルカリで売れやすくするコツ

  • 商品をきれいに撮影する
  • 商品が売れるタイミングを把握する
  • 商品説明+タイトルでキーワードマーケティングをする

 

amazon仕入れの商品は、100円~300円で仕入れられますが、販売価格は高くても1,000円程度です。

1回あたりの利益額が低い分、周りと差をつけた出品をして、商品の回転率を上げて稼いでいきましょう!

 

吹き出し:リサーチをして売れる商品を仕入れたら、あとは売るのみ!コツを把握して、バンバン商品を売っていきましょう!

商品をきれいに撮影する

これは大前提ですが、メルカリで出品するときは、商品をきれいに撮影しましょう。

amazon仕入れだけではなく、どの仕入れ先で商品を仕入れた場合も、きれいに撮影しないと、売れ行きが悪くなります。

同じ商品でも、商品写真が汚いと売れません。

 

例えば、以下の商品。

 

 

二つの画像を見ればわかりますが、価格が高いほうが売れています。

売れていない商品は、ネックレスなのに床に置いて撮影しています……。

これなら、すべて画像を引用して設定したほうがよいです。

 

メルカリの購入ユーザーは、”少しでもきれいで安いもの”を求めています。

そのため、ユーザーファースト(ユーザー目線)写真を撮影して、撮影するとよいでしょう。

 

写真の撮り方のコツを、紹介すると以下のとおりです。

 

メルカリの写真の撮り方

  • 白バック背景で被写体を真ん中に置いて撮る
  • グリット線に合わせて撮影する
  • 対象物と比較できるものを隣に置く

 

写真をきれいに撮影したいなら、周りに何もない白バック背景がよいです。

 

 

ネックレスなら、着用イメージができるように、トルソーなどがあると便利です!

また、スマホカメラには、グリット線が表示されるものがあります。

 

iPhoneユーザーなら、デフォルトで設定されているので、真ん中に合わせるように撮影しましょう。

ネックレスのチャームは小さいので、比較対象になるものがあれば、合わせて撮影するとよいです。
(例:一円玉、イヤホンなど)

 

吹き出し:メルカリで商品ページに入るかどうかは、写真が大きく関係しています!きれいに撮影して、売れ行きを伸ばしていきましょう!

商品が売れるタイミングを把握する

メルカリで商品を売り切りたいと思っているなら、商品が売れるタイミングについても把握しましょう。

ネックレスを例に挙げると、通年商品は売れますが、出品から時間が経過すると、下位に下がってしまいます。

メルカリ転売をしてきたなかでは、上位表示された商品ほど売れる傾向にあります。

 

上位表示させやすくする方法は後述しますが、メルカリは検索すると、デフォルトでは新着順で並んでいます。

 

 

そのため、商品が売れないと感じたら、新着順で表示されるようにしましょう。

効果的な方法は、以下のとおりです。

 

メルカリで商品を上位表示させる方法

  • 商品を再出品する
  • 新しく出品しなおす
  • 商品情報を編集する

 

これをするだけで、商品が上位表示されます。

タイトルを変えるだけでも、上位にいくので、定期的に更新しましょう。
(価格改定なども上位表示の対象です!)

商品説明+タイトルでキーワードマーケティングをする

メルカリで商品を転売する場合は、キーワードマーケティングが効果的です。

キーワードマーケティングとは、検索されるキーワードを想定してタイトルや説明文に含めることを指します。

例えば、amazonで販売されていた、以下のネックレスを販売することを想定して効果的なキーワードを選定していきます。

 

 

何も意識しないと、「紙飛行機 シルバーネックレス」としか入れないと思います。

この場合、「紙飛行機 ネックレス」「シルバーネックレス」でしかヒットしないので、商品が閲覧される可能性が少ないです。

ここで効果的なのが、季節に応じたキーワードを含めることです。

 

リサーチをしている時が2月だったので、以下のワードを含めると効果的です。

 

2月に効果的なワード

  • バレンタインデー
  • ホワイトデー
  • カップル
  • プレゼント
  • ギフト

 

2月はバレンタインデーとホワイトデーがあるので、そちらをタイトルや説明文に含めていきましょう。

タイトル例を挙げると、「バレンタインにおすすめ!紙飛行機シルバーネックレス」などがおすすめです!

この場合、「バレンタイン ネックレス」でも表示されますが、「バレンタイン」の単一ワードで表示されます。

 

 

実際に、バレンタインで検索すると、ネックレスやニット帽などの商品が表示されています。

メルカリのアルゴリズムは、検索キーワードが含まれているかどうかで判断しているので、関連性がない商品でも、ワードが含まれていれば表示されるわけです。

しかし、関連性のないワードを羅列すると、スパム扱いされて下位表示される可能性があります。

 

 

このように、キーワードを入れるのはNGパターンです。

キーワードマーケティングをするときは、極力関連性があるワードを入れるようにしましょう。

 

 

まとめ

メルカリ転売で取り扱う商品はさまざまですが、amazonを仕入れ先として使う方法もあります!

amazonには、ノーブランド品が格安販売されていることがあり、状況次第では1個あたり100円以下で仕入れられる商品も存在します。

 

 

このような商品を仕入れて、メルカリに転売すれば安定した利益が出せますよ♪

ただ、amazon仕入れした商品は、基本的に薄利多売方式になります。

大きく稼げることはなく、1個あたり1,000円の利益がやっとです。

 

基本的には、500円程度の利益の商品を複数仕入れて転売するのが流れなので、コツコツ稼いでいくイメージで仕入れていきましょう!

リサーチをして仕入れれば、利益商品も見つかりやすくなりますよ♪

 

吹き出し:売れ筋商品をしっかり把握して、メルカリ転売で稼いでいきましょう!

最新情報をチェックしよう!
>公式LINEにて「物販起業バイブル」をプレゼント中!

公式LINEにて「物販起業バイブル」をプレゼント中!

CTR IMG