fbpx

【2020年版】AmazonSEO対策を完全解説【検索上位を狙う方法も解説】

※この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

Amazonで物販を行っていく際に、必ず攻略しなければならない要素に「AmazonSEO」があります。

AmazonSEOを攻略しなければ、出品している商品は誰にも見てもらえないからです。

では、AmazonSEOを攻略するために、必要なこととはいったん何なのでしょうか?

このページでは、Amazonで物販を行うために攻略必須のAmazonSEOについて「AmazonSEOとは何なのか?」という概要から「AmazonSEOの攻略方法」について紹介していきます。

まずは「AmazonSEOとは?」というお話しからスタートです。

 

目次

AmazonSEOとは?

AmazonSEOとは、Amazonに出品した商品を、上位表示するために行う施策の事です。

せっかく商品を出品しても、上位に表示されなければ、誰にも見てもらえません。

見てもらえないということは、ある意味で存在していないのと同じことなので、上位表示させることは、出品者にとって非常に重要なポイントとなります。

 

AmazonSEOが必要な理由

AmazonSEOが必要な理由を、具体的に2つ紹介させていただきます。

 

  1. ユーザーの満足度が上がる
  2. 売り上げに直結する

 

AmazonSEOが必要な理由を知ることで、その重要性が見えてきますよ。

 

Amazonユーザーの満足度が上がる

AmazonSEOを施策することは、Amazonユーザーの満足度が上がるということに繋がります。

例えばAmazonSEOを施策していなかった場合、ユーザーがほしい商品のタイトルを見てクリックした結果、全く別の商品画面が出てくるなんてこともあります。

これではユーザーの満足度が下がりますよね。

場合によっては警戒して、同じ出品者のリンクは二度とクリックしなくなるかもしれません。

最悪の場合、Amazonへの信頼感まで失ってしまい、楽天やYahoo!ショッピングへ流れてしまう可能性もあります。

あなたへの信頼値と、Amazonへの信頼値を守るためにも、AmazonSEOは必ず必要な施策となってきます。

 

AmazonSEOは売り上げに直結する

AmazonSEOを施策することで、売り上げを上げることが可能です。

むしろ、AmazonSEOを施策しなければ、売り上げが上がらないと言っても過言ではありません。

例えばあなたが欲しい商品を検索した際に、1位に表示された商品と20位に表示された商品とでは、どちらを購入しますか?

ほとんどの場合、1位に表示された商品を購入すると思います。

このように、検索結果で上位になることで、ユーザーに選ばれる確率が飛躍的に伸び、売り上げが上がることに直結します。

そのため、AmazonSEOは売り上げを上げるために必須の施策となっています。

 

AmazonSEOの必要性を訴える声

ツイッターを見ていると、AmazonSEOの重要性が見えてくるので、とくに気になったツイートを紹介しておきますね。

  • 順位が下がったツイート
  • 施策についてのツイート
  • 月商についてのツイート

 

それでは順番に見ていきましょう。

 

値段を上げたら8位下がった

Amazonの施策に乗っかる

1商品で月商1億!

1商品で月商1億超え。

検索上位になるということは、その可能性が出てくるということです。

せっかくAmazonで物販を行うのであれば、AmazonSEOについて学び、大きな売り上げを狙いましょう。

 

Amazonの検索結果ページの見方

AmazonSEOの必要性が分かったところで、Amazonで商品を検索した際の商品表示について確認していきましょう。

検索結果に表示されている内容には、AmazonSEO以外の方法で表示されている商品もあるので、その存在についても知っておきましょう。

この項目でお話しする内容はこちらです。

  • スポンサーブランド広告の存在
  • スポンサードプロダクト広告の存在
  • SEOオーガニックランキングの存在
  • 商品ディスプレイ広告について

それでは、解説していきますね。

 

スポンサーブランド広告

Amazonで商品検索をした際に、最も上のスペースに表示されているのがスポンサーブランド広告です。

Amazonのスポンサーブランド広告

ユーザーが検索したキーワードに連動して、商品やロゴを表示してくれます。

非常に目立つ位置に表示されるので、商品やブランドの認知度を上げる際にも効果的です。

即座に購入されなかったとしても、定期的に目にすることで、その商品が気になりはじめ、後日の購入につながる可能性も出てきます。

信頼度を上げるという意味でも、まさにブランド広告ですね。

 

スポンサードプロダクト広告

おもに商品の検索結果に表示され、商品の購入に直結しやすい位置にある広告です。

Amazonのスポンサープロダクト広告

購入者として商品を検索していると、広告であることに気が付かないこともあるほどに、自然に表示されるタイプの広告ですね。

スポンサープロダクト広告に表示されているキーワードは、人気があるというメリットがある反面、ライバルが狙っているというデメリットもあるので、出品初心者の方は避けたほうが無難です。

狙いたいキーワードで検索した際に、スポンサープロダクト広告が無かった場合、ライバルが少ない狙い目のキーワードの可能性がありますよ。

 

SEOのオーガニックランキング

AmazonSEOにより、検索上位に表示された商品は「スポンサー」という表記が無く表示されています。

Amazonのオーガニック検索結果

AmazonSEOで上位をとることで、この枠に表示させることができるようになります。

上記の画像はパソコン表示ですが、最大で4件までが1列目に表示されています。

ということは、4位以内に入ることで、多くのユーザーに見てもらえる確率が上がるということです。

5位、6位と順位が下がれば下がるほど、ユーザーに見てもらえない可能性が高くなっていくので、できれば検索順位4位以内を目指しましょう。

 

【番外編】商品ディスプレイ広告

検索結果とは違いますが、広告についてお話ししたので、商品ディスプレイ広告についても紹介しておきます。

ユーザーが商品の詳細を見ていると、関連商品的な位置で表示される広告です。

Amazonの商品ディスプレイ広告

ユーザーが詳細を見ている商品の、関連商品をピックアップして表示するので、気になって思わずクリックしたくなうような広告となっています。

商品ディスプレイ広告を活用することで、競合しているライバルからの流入が狙えます。

何より、検索結果以外からの流入が見込める広告なので、知名度を高めたい商品がある時は活用してみましょう。

 

Amazonの検索結果はかなり重要

この項目では、Amazonの検索結果の重要性を、数字を交えながらお話ししていきます。

お話しする内容はこちらです。

 

  • 70%のユーザーは1ページ目しか見ない
  • 65%のユーザーが3つの商品をチェックする
  • 35%のユーザーが1番目の商品をチェックする

 

それでは詳しく見ていきましょう。

 

70%のユーザーは1ページ目しか見ない

Amazonで商品を探しているユーザーは、基本的に1ページ目の商品を見て、購入を検討します。

ある調査では70%のユーザーが1ページ目しか見ていないというデータも出ています。

例えばGoogleでネット検索をした時をイメージしてください。

多くの場合、検索した1ページ目に必要な情報があるか確認して、なければ他のキーワードで検索しなおしませんか?

時には2ページ目や3ページ目まで見ることもありますが、2ページ目以降になると、必要な情報がないことが多くなっていきます。

Amazonの検索結果も、2ページ目や3ページ目に入っていくと、ほしい商品と関係のない商品が出て来たりするので、基本的には1ページ目から購入するするケースが多くなります。

 

Amazonの2ページ目以降

 

仮に2ページ目まで見たとして、1ページ目に表示されている商品の方が、安心感もありますからね。

そのため、1ページ目に表示させることが、Amazonでの物販にはかなり重要なポイントとなっています。

 

65%のユーザーはTOP3をチェックする

Amazonで商品を検索するユーザーは、TOP3に入っている商品をクリックします。

TOP3がクリックされる確率は65%と高い数字になっています。

そのため、先ほど紹介した「1ページ目に表示する」ことと合わせて、ベスト3に入ることも非常に重要になってくるということです。

ちなみに、スマホでAmazonの商品を検索した結果、1ページ目をサラサラっと下にスクロールしてみると、約15秒ほどかかりました。

 

Amazonの検索1ページ目Amazonの検索1ページ目の次へボタン

 

 

 

上の画像の「次へ→」のボタンが来るまでに、サラサラと見て15秒なので、一番下までは中々見てもらえません。

出品している商品は、狙っているキーワードで3位以内に入るところを目指しましょう。

 

35%のユーザーが1番目の商品をチェックする

Amazonで商品を探している人は、とりあえず1位に表示されている商品をチェックします。

1位に表示されている商品が見られる確率は35%程度あるので、1位になることは非常に重要なポイントになってきます。

仮に、探している商品とは違う商品が1位に表示されていたとしても、ユーザーの心境としては、1位が気になってチェックしたくなりますからね。

ということは、探している商品が1位に表示されていれば、そのページが見てもらえるのは当然のことと言えます。

出品するからには、目指すところは1位表示です。

 

扱う商品によって数字は変わるので、ひとつの目安としてお考え下さい。検索順位を1つでも上に上げて、売り上げアップを目指しましょう。

 

Amazon検索のアルゴリズムA10とは?

Amazonで商品を検索した際の表示順位は、アルゴリズムA10(旧A9)により検索順位が決定しています。

検索アルゴリズムで有名なものと言えば、Googleのアルゴリズムですね。

AmazonのアルゴリズムA10は、Googleのアルゴリズムとは違うので、Googleのアルゴリズムに詳しい方は、同じものと思わないように注意しましょう。

では、AmazonのアルゴリズムA10を攻略するためには、どのようなことを意識したらいいのでしょうか?

 

  • 直近1週間の売上件数
  • 購入者のレビューの内容
  • 商品ページのクリック率と購入率

 

この項目では、上記の3つのポイントについて紹介しておくので、Amazonでの上位表示の参考にしてくださいね。

直近1週間の売上件数

Amazonでの上位表示に大きな影響を与えているのが、直近1週間の売上件数です。

Amazonで商品を検索してみると、上位表示されている商品は、かなり売れていることが見て取れます。

 

Amazonの上位表示の傾向

 

時にはタイムセールを利用し、一時的にでも注文件数を増やすことで検索順位を上げ、その後の売り上げに繋げていくというのも、AmazonSEO攻略の一つとなっています。

Amazon的にも、よく売れる商品を上位表示したいというのは、当然ということですね。

 

購入者のレビューの内容

商品を購入した方のレビューも、AmazonSEOにとって重要な要素だと言われています。

Amazonのレビュー

たくさん売れていたとしても、購入者の満足度が低ければ、Amazonで買うとイマイチという印象が残ってしまいます。

そのため、売れたからには高評価であってほしいという、Amazon側の希望はあって当然です。

商品の販売本数も大切ですが、それと同じようにユーザーの満足度も重要ということです。

 

商品ページのクリック率と購入率

AmazonのアルゴリズムA10は、商品の購入率も見ていると言われています。

ユーザーが気になる商品をクリックし、そのまま購入したのか?それとも購入に至らなかったのか?という点も、重要な数値となっています。

ユーザーが商品を購入するためには、ユーザーが欲しいと思っている商品であることは当然ですが、説明の丁寧さや魅力的な画像も必うようになってきます。

殺風景で説明もないようなページから、購入したいとは思いませんからね。

そのため、商品の購入率が高いほど、ユーザーが満足したページということで、検索上位に表示されやすくなります。

 

AmazonSEOで検索上位を狙う方法

ここまでのお話しで、AmazonSEOについてかなり詳しくなってきましたね。

しかし、具体的にどのような対策をすることで、検索上位を狙うのかは、まだわからない状態です。

そこで、この項目ではAmazonSEOで検索上位を狙うためにやるべきことを、紹介させていただきます。

具体的には以下の5つについてお話します。

  1. 商品画像の最適化
  2. 商品名(タイトル・キーワード)の最適化
  3. 商品仕様の最適化
  4. 商品説明の最適化
  5. 商品紹介コンテンツの最適化

それでは順番に確認していきましょう。

 

商品画像の最適化

Amazonでユーザーの購買意欲を刺激する要素として、商品画像が魅力的であることは必須と言えます。

Amazonの商品紹介画像

商品画像がピンボケしていたり、画像の枚数が少なければ、ユーザーのイメージがわかずに、他のページに進んでしまう可能性が高くなります。

Amazonでは、商品画像をメインの画像1枚とサブの画像8枚が設定できるので、できるだけ最大枚数の画像を用意しましょう。

画像の内容は、撮影した角度を変えるなどのシンプルなものではなく、商品について説明するような画像が入っていると、ユーザーの満足度が上がり、購入につながりやすくなりますよ。

 

商品名(タイトル・キーワード)の最適化

商品名を記載するタイトルの部分には、「商品名」をしっかり記載しましょう。

Amazonの商品のタイトル

ユーザーが商品名を検索するということは、購買意欲がかなり高い状態ですから、商品が購入される確率も当然高くなります。

それなのに、商品名を記載しないとなると、せっかくのチャンスを逃すことになるので、必ず商品名は記載しましょう。

他にも「ブランド名+マウス」などで検索し、タイトルや画像を見て商品を選ぶユーザーもいますから、ブランド名や商品のジャンルを記載しておくのも良いですね。

さらに「サイズ」や「色」などを記載して、興味を引くキャッチフレーズを書いておくと、タイトルの力で興味を引くことができます。

魅力的なタイトルでユーザーの興味を引き、商品の購入に繋げることで販売数が増えるので、検索上位にいい影響を与えます。

 

商品仕様の最適化

商品の仕様蘭は、サイズや色などの特徴を、簡潔に記載する項目です。

最大100文字まで記載できますが、できれば短めに要点だけを伝えることが好ましいです。

例えばパソコンの場合、ディスプレイやプロセッサなど、購入時にとくに重要なポイントを記載しておくと親切です。

何を書いたらいいのかわからない時は、同じジャンルや商品を検索し、上位表示されているライバルを参考にして書いてみることから始めてみましょう。

 

商品説明の最適化

商品について、より詳しく紹介する部分が商品説明です。

ユーザーは、商品の仕様を見た後に、具体的にはどんな商品なのかと気になるものです。

その具体的な説明を、商品説明の項目で行います。

商品の仕様で紹介した部分の詳細を記載するのも良いですし、商品の仕様には入りきらなかった別の魅力を追加するのも良いですね。

記載なしにすることも可能ですが、記載がないとさっぱりした感じになってしまうので、できるだけ商品説明も記載するようにしましょう。

 

商品紹介コンテンツの最適化

商品紹介コンテンツは、商品ページの下の部分に登場します。

文字説明が多いAmazonの中で、画像をふんだんに入れて説明できる点が大きな魅力です。

Amazonの商品コンテンツ

 

商品紹介コンテンツは、ファーストビューからは遠い位置にあるので、手を抜いてしまいがちです。

しかし、Amazonの利用になれているユーザーの場合、商品ページに入るとすぐに商品紹介コンテンツまでスクロールすることもあるくらい、重要なコンテンツとなっています。

ひと手間かかりますが、商品紹介コンテンツの最適化を行うことも、コンバージョン率を上げるための施策の一つとなっています。

 

AmazonSEOに間接的に影響すること

ここからは、検索結果で上位を狙うために、間接的にやっておくと良いことを紹介します。

お話しする内容は以下の4点です。

  1. FBAを利用する
  2. 広告を利用する
  3. クーポンを設定する
  4. プロモーションを設定する

こちらも解説していきますね。

 

FBAを利用する

AmazonにはFBAという、Amazonが商品の保管や注文処理を代行してくれるサービスがあります。

他にも配送や返品に関する対応まで代行してくれるので、出品者の負担をかなり軽減してくれます。

利用には月額4,900円(税抜)~と、販売手数料が発生します。

AmazonのFBAの利用料金

この費用を支払ってでも利益が生まれる商品を扱う際に重宝します。

このFBAを利用することで、注文処理や発送がスムーズに行われ、ユーザーの満足度が上がります。

ユーザーの満足度が上がれば、良いレビューが増えていくので、検索順位にいい影響を与えます。

 

広告を利用する

良い商品ページができて、自信をもって出品しているのにも関わらず、ページを見てもらいないこともあります。

そんな時は、スポンサープロダクト広告を利用して、露出を増やしてみましょう。

Amazonの広告

露出を増やすことで商品の販売に繋がり、その販売実績により広告なしでも上位表示される可能性が上がっていきます。

ただし、ユーザーがクリックすることで費用が発生してしまうので、クリック先の商品ページが最適かされていなかった場合、商品の販売には繋がらず、費用だけが発生することになります。

広告を利用する際は、渾身の販売ページを完成させてからにしましょう。

 

クーポンを設定する

Amazonで商品を出品する際に、クーポンを設定することができます。

Amazonのクーポン

クーポンが用意されていると、それだけでもユーザーがお得感を感じるので、購入しやすくなります。

ただし、クーポンを提供するためには、Amazonの「大口出品者アカウント」である必要があります。

Amazonの大口出品

評価が低い出品者にはクーポン発行の権利がないので、クーポンを発行するには高評価を維持する必要もあります。

さらに、14日以上の販売実績が必要という条件をクリアする必要があります。

Amazonでクーポンを発行する条件

初心者の方が、始めた直後からクーポンを発行することはできないので、クーポン発行の条件をみたした際は、クーポンを活用してみましょう。

 

プロモーションを設定する

Amazonでは、割引や送料無料などの条件を、出品者が設定することができます。

Amazonのプロモーション

上記画像のように、セットで購入すると割引きという内容も、ユーザー的には嬉しいものです。

量販店での買い物の際に、セット販売を進められると迷惑に感じることはあるので、出品の際にセット販売を躊躇するかもしれません。

しかし、Amazonでのプロモーションは、無理に押し付けるわけではなく、興味があればどうぞとうい形なので、プロモーションのせいでページを閉じる可能性は極めて低いです。

むしろ、SEOでは下位の商品をセットで販売する大チャンスなので、セット販売の案内は行っておくと良いでしょう。

セット販売で購入された商品も、当然実績になるわけなので、SEO的にも有効になりますよ。

 

AmazonSEOに外部から刺激を与える

この項目では、外部要因を利用して、AmazonSEOに刺激を与える方法を紹介します。

  • SNSで商品ページを紹介する
  • フェイスブック広告を活用する

Amazonから離れてしまう方法なので、抵抗がある方もいるかもしれませんが、情報として知っておくようにしましょう。

 

SNSで商品ページを紹介する

あなたが運営しているSNSを活用して、商品ページを紹介し、SNSからの流入と販売を促しましょう。

雑談を行っているSNSでは、アカウントの信頼値が低くなるので、専門的なアカウントを運用することが重要になります。

例えばメインで取り扱っている商品がカメラの場合、SNSではカメラの専門家として情報を発信し、カメラの専門家という信頼値を獲得します。

そのカメラの専門家が商品を紹介することで、その商品に興味を持ち、購入に至るユーザーが出てきます。

SNSを育てることが大変にはなりますが、Amazon外部からの販売の可能性が生まれるので、できれば実施したい対策の一つです。

すでにSNSを運用していて、ファンがいる状態の方には有利な方法ですね。

 

フェイスブック広告を活用する

外部から刺激を与える方法として、フェイスブック広告を活用する方法もあります。

 

Facebook広告

フェイスブック広告を活用することで、Facebookの利用者に対してアプローチが可能になります。

フェイスブック広告は、広告を配信するターゲットを性別や年齢で指定できるので、商品を購入しそうなターゲットにのみ配信できます。

フェイスブック広告のオーディエンス設定

フェイスブック広告からの集客を行い、商品が購入されれば、その購入も当然実績になります。

実績が積み重なることで検索順位は上がるので、AmazonSEOを攻略する方法の一つとして覚えておきましょう。

 

AmazonSEOの実践方法やツールを紹介

AmazonSEO対策として、すぐに実践できる方法や、便利なツールについて紹介します。

  • キーワードを調べる方法
  • レビューの評価を高める方法

それでは順番に見ていきましょう。

 

キーワードを調べる方法

AmazonSEOにおいて、キーワードは非常に重要な要素となります。

そのため、キーワードの調べ方は必ず把握しておく必要があります。

最も簡単なキーワードの調べ方は、Amazonの検索窓口にキーワードを入れるという方法です。

検索窓口にキーワードを入れると、そのキーワードに関連するワードが表示されます。

Amazonの検索窓

検索窓を見るだけでも、十分キーワードを見つけることができます。

もっと大量にキーワードを調べたい時は「アマゾンサジェスト キーワード一括DLツール」を使うことで、大量のキーワードを一気に見つけることができます。

例えば「パソコン」と検索数ると…

アマゾンサジェスト キーワード一括DLツール

上記のように、関連したキーワードが見つかります。

見付かるキーワードは「あいうえお」から始まり「abc」「123」と、かなりの大ボリュームです。

「アマゾンサジェスト キーワード一括DLツール」で見つけたキーワードの中から、気になったキーワードで商品ページを作っていきましょう。

→アマゾンサジェスト キーワード一括DLツールはコチラ

 

レビューの評価を高める方法

レビューの評価を高める方法は、ユーザーが満足する商品を、スムーズに提供することです。

以前は高評価を付ける条件で割り引くなどの手法もありましたが、今はそのようなやり方は禁止となっています。

今できる対策としては、紹介した商品をスムーズに届けること。

これが最大の評価を高めるポイントになります。

そのため、商品名と違う商品を届けてしまったり、説明間違いがあれば、紹介した商品を届けていないことになりますから、ユーザーの満足度は下がり、当然評価も下がってしまいます。

忙しい中、ユーザーが時間を割いて良い評価を入れてくれる確率は高くありません。

しかし、悪い評価は怒りの力でなんとしてでも書きたくなるものなので、1つのミスは高確率での低評価に繋がってしまいます。

できる限りミスの無いように、最新の注意を払いながら商品を紹介しましょう。

配送の遅れやミスを防ぐためには、FBAを活用して、注文処理や配送を任せてしまうのも一つの手です。

 

AmazonSEO まとめ

AmazonSEOは、Amazonで物販をするうえで非常に重要です。

検索順位を上げて商品を販売するためには、AmazonSEOのアルゴリズムを攻略していく必要があります。

AmazonSEOを攻略するために、紹介している商品とタイトルに相違は無いか、説明内容は間違っていないかなど、必要な項目の最適化は必須です。

商品購入後のユーザー満足度を高めるために、FBAを利用することは検討していけると良いですね。

良い商品紹介ページが完成した際には、クーポンや広告を活用して一気に商品を販売し、実績を伸ばすことで、検索上位を目指しましょう。

最新情報をチェックしよう!
>公式LINEにて「物販起業バイブル」をプレゼント中!

公式LINEにて「物販起業バイブル」をプレゼント中!

CTR IMG